Record China

ヘッドライン:

会議に現れた文大統領のマスクにネットが注目「また政治的ショーが始まった」

配信日時:2020年3月18日(水) 20時10分
拡大
17日、韓国・京郷新聞は、同国の文在寅大統領が、目を引く黄色いマスク姿で国務会議の会議場に現れたと伝えた。画像は韓国大統領府Facebookアカウントより。

2020年3月17日、韓国・京郷新聞は、同国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、目を引く黄色いマスク姿で国務会議の会議場に現れたと伝えた。

記事によると、文大統領がこの日着用した黄色いマスクは、同国中部・大田(テジョン)の街づくり団体が作った物だという。

同国大統領府の関係者は「(同団体は)先月末から再利用可能なマスクを製作し、購入が難しい社会的弱者に寄付しており、このマスクが文大統領にも届けられ、感謝の気持ちから着用した」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「なぜ黄色いマスクなんだ?」「マスクが大き過ぎる。顔が隠れそうだね」などといったコメントが寄せられている。

一方、「社会的弱者に寄付するために作ったマスクをなぜ文大統領が着けるの?」「また政治的ショーが始まった」「マスクさえもショーに使うなんて」「明日はどんなショーをするのだろう?」などと、冷ややかな声も。

また、「その感謝の気持ちを忘れず、洗って使い続けて」「文大統領が国民のために率先してマスクをしている」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング