Record China

ヘッドライン:

日本人の青年、上海の空港で係員をだまそうとする?中国ネットで批判殺到「日本人はモラル高いのでは?」

配信日時:2020年3月18日(水) 10時40分
拡大
17日、環球時報は、中国入国時にパスポートに要隔離のシールを貼られた日本人が、シールをはがして検疫係員をだまそうとする事例が発生したと報じた。写真は上海浦東空港。

2020年3月17日、環球時報は、中国入国時にパスポートに要隔離のシールを貼られた日本人が、シールをはがして検疫係員をだまそうとする事例が発生したと報じた。

記事によると、11日に上海の空港から中国に入国した日本人の青年が、空港に設けられた滞在予定である長寧区の登録所で、検疫係員から「入国時にパスポートに貼付されるはずのシールがない」との指摘を受けた。

上海市では、海外からやって来た人に対する新型コロナウイルス感染対策を強化しており、入国手続き時に健康調査票の提出を義務付けると同時に、出発地ごとに「問題なし」の緑、「隔離の必要性あり」の黄または赤のシールがパスポートの表紙に貼付される。

この日本人の青年は係員の質問に対して「体温に異常はない。黄色のシールがないということは防疫重点国から来たわけではないので、自分は隔離の必要がない」などと主張したという。しかし、係員はこの青年が(黄色シール対象の)日本からやってきたことを知っていたため、青年を入国審査官に引き渡して再調査させた。

調査の結果、青年が隔離措置を逃れるため、入国審査通過後に黄色のシールをはがしていたことが発覚。青年は1時間に及ぶ調査を受けた後、再び同区の登録所での手続きを経て、規定に基づき自宅隔離措置を取られることになったという。

これについて、中国のネットユーザーは「帰した後は誰が監視するのか。自律に頼るのか」「シールをはがすような人が、おとなしく自宅隔離すると思うか?」「強制的な集中隔離措置を取るべき」「非協力的な人物はそのまま送り返すべき」「日本人はモラルが高いと聞いているのになあ」「中国は善良すぎるから他人にだまされる」「外国人に対する取り締まりを厳しくしない限り、永住権制度などお話にならない」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング