Record China

ヘッドライン:

韓国の検体採取、好評のドライブスルー方式に続き公衆電話ボックス型登場=中国ネット「やるな韓国」

配信日時:2020年3月18日(水) 11時10分
拡大
中国新聞週刊は、韓国で新型コロナウイルスの感染有無を検査する方法として、米国や英国、ドイツでも導入されるなど好評のドライブスルー方式に続き、公衆電話ボックス型が新たに登場したと報じた。資料写真。

中国メディアの中国新聞週刊は16日、韓国新型コロナウイルスの感染有無を検査する方法として、米国や英国、ドイツでも導入されるなど好評の「ドライブスルー方式」に続き、「公衆電話ボックス型」が新たに登場したと報じた。

検査を受ける人が公衆電話ボックスのようなブースに入り、医療スタッフがブースの外側から手を入れて鼻の穴や口の中から検体を採取する方式で、感染の恐れが低く、一度検査してから次の人を検査するまでにかかる消毒・換気の時間もとても短いという。

これについて、中国のSNS上の反応を見ると、「やるな韓国」「いいアイデア」「これは使える」「今回の感染症への対応で頼りになるのは、中国以外では韓国」「韓国人は特別な何かをもっているね。小国でも豊かなのには訳がある」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング