Record China

ヘッドライン:

“ボンドガール”のオルガ・キュリレンコが新型コロナ感染、トニー・レオンと最新中国映画で共演も

配信日時:2020年3月17日(火) 23時20分
拡大
ボンドガール役で知られるウクライナ出身の女優オルガ・キュリレンコが、新型コロナウイルスに感染していることを公表。公開を控える中国映画「猟狐行動」では香港の俳優トニー・レオンらと共演している。
(1/2枚)

ボンドガール役で知られるウクライナ出身の女優オルガ・キュリレンコが、新型コロナウイルスに感染していることを公表。公開を控える中国映画「猟狐行動」(The Hunting)では香港の俳優トニー・レオン(梁朝偉)らと共演している。

その他の写真

映画「007/慰めの報酬」のボンドガール役などで知られるオルガ・キュリレンコが16日、自身の公式インスタグラムで明かしたもの。1週間ほど前から体調を崩し、コロナウイルス検査で陽性反応が出て、部屋で隔離状態にあることや、発熱や倦怠感の症状を書き記しており、米俳優トム・ハンクスに続く著名スターの感染が世界を驚かせている。

オルガ・キュリレンコは昨年、中国のクライムサスペンス映画「猟狐行動」に出演。香港の俳優トニー・レオンや、第30回東京国際映画祭で映画「迫り来る嵐」によって最優秀主演男優賞を授賞したドアン・イーホン(段奕宏)らと共演。中国では年内にも公開予定となっている。

映画「猟狐行動」の撮影は昨年5月から3カ月にわたって行われ、8月にはトニー・レオンの夫人で女優カリーナ・ラウ(劉嘉玲)が自身のSNSで、夫婦とオルガ・キュリレンコが並んで笑顔を見せる写真を公開していた。それだけにトニー・レオンのファンからも、「どうかお大事に」「早く元気になって映画の宣伝に参加してほしい」といったエールの声が集まっている。(Mathilda

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング