Record China

ヘッドライン:

韓国軍、デモ隊の侵入に1時間気付かず=韓国ネットもヒヤヒヤ

配信日時:2020年3月17日(火) 16時20分
拡大
16日、韓国・朝鮮日報は「これが軍と言えますか」との見出しで「韓国軍が民間人の侵入に1時間気付かずにいた」と伝えた。資料写真。

2020年3月16日、韓国・朝鮮日報は「これが軍と言えますか」との見出しで「韓国軍が民間人の侵入に1時間気付かずにいた」と伝えた。

記事によると、民間人による無断侵入が発覚したのは済州海軍基地。今月7日午後2時13分に、デモ隊4人が済州基地の外郭にある直径4センチの鉄条網を切断した。デモ隊が3分間にわたって鉄条網を切る様子は防犯カメラに映っていたという。しかし警報システムが作動しなかったため、担当勤務の将兵は気付かなかった。合同参謀本部は「防犯カメラを交換する際、既存システムとの互換性がなかったため警報機能が作動しなかった」と説明しているという。

さらに、海軍はデモ隊侵入から約1時間後にこの事実を知るも、直ちに部隊を出動させず、約40分後に出動命令を出した。そして部隊侵入から約2時間が経過した午後4時3分にデモ隊の身柄を確保。デモ隊はその間、部隊のいたる所を歩き回ったが、一度も制止を受けなかったという。

記事は、済州海軍基地が民間デモ隊から「袋だたき」状態になっていたことも、今回の事件に影響を与えたと指摘している。デモ隊は毎年3月7日に「クロムビ岩爆破(海軍基地工事の際に爆破した岩)」の追悼行事を行っていたが、新型コロナウイルスのため行事が禁止されたため、基地の正門案内室からの進入を試みた。進入は制止されたが「部隊に被害を及ぼす」と脅迫していたという。しかし当該職員はこうした脅迫発言を上部に報告しておらず、軍関係者は「何度も(脅迫まがいの)言葉を言われ慣れていた」と話しているという。

デモ隊は警察に身柄が引き渡される際も「軍事基地のない平和の島」というプラカードを持ったまま部隊を後にしたという。軍関係者は「現政権に入り、海軍基地建設の遅延に関わったデモ隊に対する求償権を撤回し、一部は特別赦免まで断行した。こうした雰囲気が全般的に影響したのではないか」と話しており、今後軍は、済州基地戦隊長を補職解任し、指揮責任のある第3艦隊司令官(少将)らを問責する予定だと明らかにしている。

これを受け、韓国のネット上では「岩一つ守ることが平和運動?」「軍も問題あるけど、それよりも軍事施設を破壊して侵入するという発想自体が問題」とデモ隊に対する非難の声が上がっている。ただ、それ以上に「これが韓国の軍隊の指揮官のレベル」「国家の権威を自ら壊すような行為。国家の中心が揺らげば国民は不安になる。守るべきものはしっかり守ってこそ国家の安保と国民の安心を確保できる」「平和は口だけでなるものではない。強力な国防体系を築いてこそ平和が得られる」「敵がその気になったら…?。考えただけでもヒヤヒヤする。国が心配」など韓国軍の対応の不備を追及する声が目立ち、「軍をこんな風にした現政府に責任を問うべき」「次期政権は共に民主党ではない別の政党になってほしい。そうすれば国が生き返る」と矛先は文政権にも向けられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング