Record China

ヘッドライン:

韓国の宗教団体、政府の要請無視して集団感染=ネットで批判相次ぐ

配信日時:2020年3月17日(火) 19時20分
拡大
16日、韓国・聯合ニュースは、同国の教会が、政府の自粛要請を無視して礼拝を強行、新型コロナの集団感染を発生させたことに「今後、宗教の集会をめぐる議論が高まりそうだ」と伝えた。写真は韓国。

2020年3月16日、韓国・聯合ニュースは、同国・ソウル近郊の城南(ソンナム)市のプロテスタント系宗教団体「恵みの川教会」が「宗教の集会の自粛を求める韓国政府の要請を無視して礼拝を強行し、新型コロナウイルスの集団感染を発生させた」とし、「今後、宗教の集会をめぐる議論が高まりそうだ」と伝えた。

 

記事によると、同教会に関連した新型コロナウイルスの感染者は、17日午前9時現在、46人となった。牧師夫婦と信徒ら6人が陽性判定を受けたのに続き、16日は40人増えた。保健当局は1日と8日に一緒に礼拝に参加した信徒135人を対象に検査を進めているといい、記事は「感染者が追加で出てくる可能性が高い」と伝えている。

政府省庁で宗教業務を所管する文化体育観光部は、複数回にわたって宗教集会の自粛を促してきた。この要請を受けて、首都圏の大規模な教会を中心にオンラインによる家庭礼拝に切り替える教会が増えたが、「恵みの川教会」はこの動きに同調せず、聖堂での礼拝を続けたという。

韓国では既に信者の集団感染が発生した新天地イエス教会など、宗教活動が地域に新型コロナウイルスを拡散させた一因と指摘されており、記事は「プロテスタントを取り巻く世論は、一層冷ややかになるとみられる」と伝えている。

神学書籍を専門とする出版社の代表を務めるある牧師は「どんなに神を熱く愛したとしても、隣人や共同体に配慮する知識がなければ、結局その愛は損害を与えることになるだろう」と指摘しているという。

これに韓国のネットユーザーからは、「全てを自粛している状況の中で、なぜこのようなことをしたのか?」「他人のことを考えないで、何のために祈るの?」「利己的だ。何が正しいことか判断できない牧師たちに問題がある」「国民に謝るべきでは?」などと、礼拝を強行した教会に厳しい批判の声が上がっている。

また、「検査費用などは教会に負担させるべき」「国民の税金で治療させては駄目」「勧告を無視して礼拝を強行した教会には罰金を科すべき」などと、責任を求めるコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング