Record China

ヘッドライン:

中国遼寧省、日本と韓国に支援物資の恩返し=中国ネット「心を一つに共に戦おう」

配信日時:2020年3月17日(火) 9時50分
拡大
中国メディアの人民網によると、新型コロナウイルス対策を支援するため中国の遼寧省から日本と韓国に寄贈された感染症対策に必要な物資が16日、現地の空港に到着した。

中国メディアの人民網によると、新型コロナウイルス対策を支援するため中国の遼寧省から日本と韓国に寄贈された感染症対策に必要な物資が16日、現地の空港に到着した。

遼寧省は、省内企業の業務と生産の再開が順調に進み、生産能力が上がったことを受け、新型コロナウイルス発生後に同省を支援してくれた日本の北海道と神奈川県、韓国のソウル市と慶尚南道、慶尚北道、忠清南道、韓中文化友好協会に感染症対策物資を寄贈することを決めた。

遼寧省から北海道への支援物資の箱には「鯨波万里なるも 一葦航るべし 出入相友とし 守望相助く」という言葉が添えられていたという。

これについて、中国のSNS上では、「心を一つに共に戦おう」「呼吸を共にし、運命を共にする」などの声が寄せられていた。

また、日本と中国が相互に支援物資を送る際、漢詩などの一節をメッセージとして添える動きが広がっていることを受け、「まるで海をはさんだ漢詩大会」「詩の一節を添えなければ送ってはいけない雰囲気」などの声も上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング