Record China

ヘッドライン:

韓国が1枚で1カ月使える「ナノマスク」開発?=ネットで期待の声「さすが」「問題は…」

配信日時:2020年3月17日(火) 8時20分
拡大
16日、韓国・マネートゥデイは、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの供給不足が続く中、韓国の研究グループが「ナノマスク」の開発に成功したと報じた。写真は韓国のマスク。

2020年3月16日、韓国・マネートゥデイは、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの供給不足が続く中、韓国の研究グループが「ナノマスク」の開発に成功したと報じた。記事によると、このマスクは手で洗うことで再利用可能で、洗浄やエタノール消毒後もフィルター機能がほとんど維持されるという。

韓国科学技術院(KAIST)の新素材工学科の研究チームは、直径100~500ナノメートル(nm)の大きさのナノ繊維を直交または単一方向に整列させる独自の技術によりナノマスクを開発。通気性が良く、薄い厚さでも優れたフィルター機能を持つ点が大きな利点という。研究チームは「洗濯後の再利用も可能で、1枚で最長1カ月近く使用できる」と説明しているという。

研究チームは、エタノール殺菌洗浄実験の結果、20回繰り返し洗浄した後もろ過性能が94%維持されることを確認。手で20回洗った後にも、ナノ繊維膜の構造に変化は全く起きなかった。また、エタノールに3時間以上浸しても、ナノ繊維が溶けたり膜のねじれ現象が起きたりしなかったという。

研究チームは「食品医薬品安全処(韓国の行政機関)の承認など関連手続きを経て、製品化後に量産設備の増設を通じて生産量を増やす一方、ナノ繊維膜に抗菌機能を付与して使用安定性を向上させ、高品質なフィルターを開発する」と話しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「大変な状況の中、一生懸命開発を続けてきた研究チームのメンバーたちを尊敬する」「韓国は、政治を除けば世界最高の国になった」「このニュースには気持ちが和らぐ。開発した先生たち、ありがとう」「さすがは韓国だ」「全世界に輸出して韓国製品の優等性を広めよう」「韓国は不便な状況を早く解決しようとする能力が卓越している」などと、開発を喜ぶコメントが多数寄せられている。

また、「実用化されるのがいつなのかというのが気になる」「マスクによる精神的ストレスは深刻だ。早く薬局で買えるようになるといい」「問題は販売価格だな」などと、販売開始を待ち望む声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング