Record China

ヘッドライン:

中華圏以外のアップルストア一時休業=中国ネット「中国だけが安全ということ」

配信日時:2020年3月15日(日) 19時10分
拡大
14日、中国メディアの新浪財経は、米アップルが中華圏以外のアップルストアをすべて一時休業にすると伝えた。写真は中国国内のアップルストア。

2020年3月14日、中国メディアの新浪財経は、米アップルが中華圏以外のアップルストアをすべて一時休業にすると伝えた。

記事は、アップルが公式サイト上で、中国のアップル従業員への感謝を述べた上で、13日から中華圏のアップルストアの営業を再開したことや、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、27日まで中華圏以外のすべてのアップルストアを休業すると明らかにしたことを伝えた。

これについて、中国のネット上の反応を見ると、「むしろ中国の方が安全になった」「中国だけが安全ということですね」「確かに南極以外では中国が一番安全な場所」などの反応が寄せられていた。

また、「なんでまた急に中国を高く評価するようになったのか」「少し前には中国本土のすべてのアップルストアを休業していたのに、今や逆になったな」などの声もあった。

さらに、「iPadを早く出荷してくれ!」という声も上がっていた。中国では学校がまだ再開しておらず、子どもたちはインターネット授業を受けているため、iPadの需要が急増しているためだろう。

ほかには、「アップルには申し訳ないがわれわれにはファーウェイがある」との声や、「それでいつになったら値下げするのですか」と値下げに期待する声もあった。(翻訳・編集/山中)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング