Record China

ヘッドライン:

ベトナム、サムスンディスプレイ技術者186人の入国を例外的に許可、隔離対象外―韓国メディア

配信日時:2020年3月15日(日) 14時30分
拡大
ベトナムは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、韓国からの渡航者に14日間の隔離措置を取っているが、韓国サムスンディスプレイの技術者186人の入国が13日、例外的に許可された。資料写真。

韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトが3月13日付で報じたところによると、ベトナムは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、韓国からの渡航者に14日間の隔離措置を取っているが、韓国のフラットスクリーンメーカー、サムスンディスプレイの技術者186人の入国が13日、例外的に許可された。

ベトナムにある韓国大使館や業界関係者からの情報によると、186人は、13日午前に仁川空港を出発した。

ベトナム政府は、ハノイ空港の代わりにハノイ市内から車で3時間ほどの距離にある北部クアンニン省のバンドン空港への着陸を指定した。

サムスンディスプレイはベトナム政府に対し、同社の技術者700人を検疫・隔離措置の対象外とするよう要請していた。今回入国する186人はその一部で、韓国の駐ベトナム大使によると、ほかの技術者も順に入国が許可されるとみられるという。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング