Record China

ヘッドライン:

<サッカー>「韓国人の民度は世界最悪」「審判買収に失敗」日本ネットユーザーの書き込み―中国

配信日時:2013年11月11日(月) 12時7分
拡大
10日、鳳凰網は記事「日本サッカーファン:韓国人は悪事と審判買収が好き、負けたのはキムチがなかったからだろう」を掲載した。ACLは広州恒大の優勝で幕を閉じたが、試合終了の笛がなった後も中韓の舌戦は続いている。資料写真。
(1/2枚)

2013年11月10日、鳳凰網は記事「日本サッカーファン:韓国人は悪事と審判買収が好き、負けたのはキムチがなかったからだろう」を掲載した。

その他の写真

韓国のソウルFC、中国の広州恒大がアジアナンバー1クラブの座を争う、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝戦セカンドレグが広東省広州市で行われた。試合は1対1の引き分け。ファーストレグも2対2の引き分けだったが、アウェーゴール数が多い広州恒大が中国勢初となる優勝を決めた。

プロリーグの八百長事件、代表の低迷と暗い話ばかりが続いた中国サッカーだが、大金を投じて世界的な外国人監督、選手をかき集めアジアの頂点にたった広州恒大は久々の明るい話題。メディアもファンも「中国サッカーはもはや弱者ではない」と喜びにあふれかえっている。

ただし残念なことに初優勝の中国と準優勝の韓国がお互いをたたえ合うという姿は生まれなかったようだ。ファーストレグで韓国入りした広州恒大に夜間練習場が用意されていなかったなどが再三問題視されるなどピッチ外の舌戦が続いていただけに、優勝が決まった後もすんなり和解するとはいかなかった。

そうした中、鳳凰網が引き合いにだしたのが日本ネットユーザーのコメント。広州恒大を応援した日本人が多かったとして、ネット掲示板の書き込みを紹介している。

「悪事は良い結果をもたらさない。広州を祝福するよ。悪は負ける者だ」「韓国人は世界一民度がひどい国家だ。なにか問題があれば相手のせいにする」「韓国は負けた理由をまた探し出すだろうな。ホテルにキムチがなかったとかさ」「審判買収に失敗したんだろう」

といったコメントが紹介された。韓国絡み以外では次のようなコメントも紹介された。「今大会で唯一広州を破ったのは浦和レッズだけだ。広州がアジア一ってことはレッズが真のアジアナンバーワンだね。」(翻訳・編集/KT)

関連記事

<サッカー>韓国が負けたのに「本当はこっちが上」の理由とは―韓国メディア

9日、AFCチャンピオンズリーグ決勝が行われ、広州恒大がFCソウルをくだし、アジア初制覇を果たした。惜しくも準優勝となった韓国チームだが、韓国大手ポータルサイト・ネイバーは、アジア優勝は逃したものの、Kリーグがアジア最強との自画自賛コメントを掲載した。写真はスタジアム。

Record China
2013年11月10日 18時38分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング