Record China

ヘッドライン:

<サッカー>韓国が負けたのに「本当はこっちが上」の理由とは―韓国メディア

配信日時:2013年11月10日(日) 18時38分
拡大
9日、AFCチャンピオンズリーグ決勝が行われ、広州恒大がFCソウルをくだし、アジア初制覇を果たした。惜しくも準優勝となった韓国チームだが、韓国大手ポータルサイト・ネイバーは、アジア優勝は逃したものの、Kリーグがアジア最強との自画自賛コメントを掲載した。写真はスタジアム。
(1/2枚)

2013年11月9日、AFCチャンピオンズリーグ決勝が行われ、広州恒大がFCソウルをくだし、アジア初制覇を果たした。惜しくも準優勝となった韓国チームだが、韓国メディアはFCソウルの奮闘に満足。韓国大手ポータルサイト・ネイバーは、アジア優勝は逃したものの、Kリーグがアジア最強との自画自賛コメントを掲載した。

その他の写真

文章はまず「今回優勝は逃したが、韓国チームは連続5大会決勝に進出しており、しかもすべてが異なるチームだ。今までに行われた11回の決勝のうち、7回決勝進出、うち4回優勝している。だからKリーグは最強である」と主張。

さらに、優勝を逃したFCソウルについて、「全力を尽くしており、とてもよかった。デヤン(・ダミヤノヴィッチ)選手のゴール後に十分取り戻せなかったのが残念」とコメント。また「広州恒大がこの1年間かけてきた資金や人力は、FCソウルの数倍にもなる。それでも決勝で奮闘したのだから、やはりわれわれの誇りだ」と述べ、最後は「泣ける戦いだった。やはりアジアチャンピオンは夢にまで見るもの。優勝は逃してしまったが、ファイティング・スピリットは示せた」と締めくくった。(翻訳・編集/YM)

関連記事

<サッカー>ACL決勝第1戦はドロー=「“死刑”は延期された」「審判は韓国の味方」―中国版ツイッター

26日、AFCチャンピオンズリーグの決勝戦1stレグが行われ、中国の広州恒大と韓国のFCソウルが2―2で引き分けた。中国版ツイッターでは「“死刑”は延期されたが必ず執行される」「相手の妨害の中よく頑張った」などの声が見られた。写真はサッカースタジアム。

Record China
2013年10月27日 12時56分
続きを読む

ランキング