中国国内 感染のピーク過ぎた=国家衛健委

CRI online    2020年3月12日(木) 21時0分

拡大

国家衛生健康委員会の米鋒報道官は12日、国務院による新型コロナウイルス合同予防抑制メカニズムの記者会見で、「全体からみれば、中国国内では今回の感染ピークが過ぎた。新たに確認される感染例が持続的に減少し、感染の程度は低いレベルにある。今後も患者の治療を第一とし、油断せず、弛まず、...

 国家衛生健康委員会の米鋒報道官は12日、国務院による新型コロナウイルス合同予防抑制メカニズムの記者会見で、「全体からみれば、中国国内では今回の感染ピークが過ぎた。新たに確認される感染例が持続的に減少し、感染の程度は低いレベルにある。今後も患者の治療を第一とし、油断せず、弛まず、各種予防抑制活動を断固実施していく」と明らかにしました。

 世界保健機関(WHO)が、今回の感染症はパンデミック(世界的な大流行)に当たるという認識を示したことを受け、米報道官は「世界での広がりに対し、中国は注意深く見守っており、各国の予防抑制活動に対し、身につまされる思いだ。今後も引き続き公開・透明の原則に則って、世界の公衆衛生上の安全保障と人々の健康に責任を持ち、WHOや関連諸国・地域と効果的な協力を行い、世界での感染拡大防止に中国なりの貢献をしていく」と示しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携