Record China

ヘッドライン:

戦闘機の技術を応用、マスクを1分100枚生産―中国

配信日時:2020年3月13日(金) 13時50分
拡大
マスク生産を加速するため、中国航空業界従事者は殲−10、殲−20戦闘機のデジタル化技術を応用することで、全自動マスク生産装置を開発した。
(1/5枚)

マスク生産を加速するため、中国航空業界従事者は殲−10、殲−20戦闘機のデジタル化技術を応用することで、全自動マスク生産装置を開発した。このほど生産開始している。1台の装置につき24時間連続稼働でき、1分で100枚生産できる。24台の1日あたり生産能力は300万枚以上。中央テレビ国防軍事チャンネルが伝えた。

その他の写真

航空産業の関連研究所が命令を受けた際、航空機を製造する彼らはマスク生産装置がどのような姿をしているのかさえ知らなかった。彼らは作業時間を延長して関連資料を研究し、そして殲−20、教−10などの先進的な軍用機の研究開発経験を十分に活用する上で、コンピュータシミュレーション技術、ペーパーレス化設計技術を全面的に採用し、全自動マスク生産装置を開発した。600人以上のチームがゼロから学習し、100%デジタル化設計図を完成させるまでわずか3日しかかからなかった。デジタル化設計図の完成後、設計図に基づく製造や実装・テスト、改良の段階に転じ、最終的にマスクの生産に入った。命令を受けてからマスク生産装置が生産開始するまでわずか16日だった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング