Record China

ヘッドライン:

日本の非常食、長期保存できるだけでなくおいしい―中国紙

配信日時:2020年3月14日(土) 19時30分
拡大
12日、中国紙・環球時報は、日本の非常食について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2020年3月12日、中国紙・環球時報は、日本の非常食について紹介する記事を掲載した。

記事は、「地震や台風、洪水などの自然災害が頻発する日本は、人々の防災意識が非常に高く、どの家庭でも非常食を準備している」と説明。「政府なども非常食を備蓄してはいるが、深刻な災害が発生した際には配分に遅れが生じる可能性があるため、日本政府は各家庭でも非常食を準備することを奨励している」と伝えた。

また、「日本には非常食の準備に関するサイトが多くある」と指摘。「非常食を準備することの重要性やどこで購入するか、どれほど購入すべきか、お薦めの購入リストなど詳細に紹介されている。災害に直面した時、温かいものを食べて栄養補給と健康を確保することは何より大事なことだ。農林水産省も非常食に関するガイドブックを作成しており、非常食に関するアドバイスとリストが詳細に記載されている」とも伝えた。

その上で記事は、「非常食というとおいしさとは無関係と思う人がいるが、日本のメーカーはおいしくて便利な非常食を多く販売している」と紹介。「災害食大賞を定期的に開催することまでしており、19年のうまみ部門金賞を受賞したカレーは、水も加熱も不要で常温下でもおいしく食べられる」とした。

また、最近日本では「非常食セット」が人気だとし、「メーカーが選んだ異なる味の非常食がセットになっており、中でも最も人気なのがご飯セットで、マツタケご飯や赤飯、チキンライスなど12種類の異なる味のご飯があり、価格は3600円で保存期間は5年間だ」などと伝えた。

非常食の保存期間について記事は、「3年や5年、8年などが多いが、最近では25年保存可能な非常食もある」と説明。「数年ごとに取り換える必要がないので、手間と浪費を減らすことができている。また、味の種類も豊富で熱湯があればすぐに食べられるが、価格は通常の非常食より高めで1食約400円する」とも伝えている。

さらに、「日本では近年ペット用の非常食も販売されている。災害発生時にまずは人間が第一ではあるものの、多くの人にとってペットは家族同然であるため、日本ではペット用非常食がスーパーや通販サイトで簡単に購入できる」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング