Record China

ヘッドライン:

福島の汚染水流出報道後、韓国の8割近くの消費者が海鮮を避ける―韓国紙

配信日時:2013年11月9日(土) 8時40分
拡大
7日、韓国・朝鮮日報によると、韓国農村経済研究院が10月18〜20日に行った調査で、日本の福島第1原発汚染水流出事故が報じられて以降、韓国の8割近くの消費者が海鮮を避けていることが明らかになった。資料写真。
(1/2枚)

2013年11月7日、韓国・朝鮮日報によると、韓国農村経済研究院が10月18〜20日に行った調査で、2012年9月に日本の福島第1原発で汚染水が流出していたことが報じられて以降、韓国の8割近くの消費者が海鮮を避けていることが明らかになった。8日付で環球網が伝えた。

その他の写真

調査によると、汚染水流出報道後に、77.5%の人が「海鮮の消費量が減った」と回答した。また、それに伴い40.1%の人が「肉類の消費が増えた」と回答している。

報道によると、肉類の消費が増えたと答えた人は、主に韓国産の肉を選んでいるという。(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング