Record China

ヘッドライン:

<サッカー>また始まった韓国の挑発、「選手は改築中の部屋に泊まらされた」―中国メディア

配信日時:2013年11月8日(金) 23時53分
拡大
8日、鳳凰体育によると、韓国メディアは9日にAFCチャンピオンズリーグ決勝の第2戦を戦うために広州入りしているFCソウルが、広州恒大から不当な扱いを受けていると伝えた。写真は広州恒大のユニフォーム。
(1/2枚)

2013年11月8日、鳳凰体育によると、韓国メディアは9日にAFCチャンピオンズリーグ決勝の第2戦を戦うために広州入りしているFCソウルが、広州恒大から不当な扱いを受けていると伝えた。

その他の写真

一触即発である。7日に広州入りしたFCソウルに対し、広州恒大はアジアサッカー連盟が認可するホテルを用意。夜には照明設備が整った練習場を提供した。しかし、挑発好きな韓国人のあら探しがまたしても始まった。

韓国メディア・sportalkoreaは「FCソウルの選手は改築中の部屋に泊まらされた。さらにひどいのは、選手はほかの宿泊客らといっしょに食事をとらされたことだ。『徳をもって恨みに報いる』はどこへいった?」と報じた。

広州恒大はアウェーの第1戦で、韓国側からさまざまな“妨害行為”を受けた。事前に照明設備のある練習場の使用を許可されていたが、韓国側はあれこれと理由を付けて練習場の提供を拒否。リッピ監督は「このようなことは30年間で初めてだ」と怒りを露わにした一方で、広州がホームとなる第2戦では、「FCソウルに満足な条件を提供する」と約束していた。

sportalkoreaは「広州恒大は5つ星ホテルを用意したそうだが、部屋が狭く、選手たちは耐えられない」とした上で、「第1戦では韓国側の待遇に不満をぶちまけ、ホームでは『徳をもって恨みに報いる』などと言い放ったが、その様子はどこからも感じられない。しかも、このようなでたらめな行為は氷山の一角に過ぎない」と広州恒大を批判した。(翻訳・編集/北田

関連記事

<サッカー>広州恒大、“ユニフォームにサムスン広告”を拒否=「グローバル企業なのに」―韓国メディア

7日、韓国のサムスン電子が中国のサッカーチーム・広州恒大のユニフォームの胸の部分にスポンサー広告を出すと提案したが、広州恒大側から断られていたことが分かった。写真は2012年8月、広州恒大対天津泰達の試合。

Record China
2013年11月7日 22時20分
続きを読む

<サッカー>韓国人、FCソウルの劣勢認めず=「5年で3度制覇した!」と優越感たっぷり―中国メディア

28日、武漢晨報によると、26日にACL決勝第1戦で中国の広州恒大と韓国のFCソウルが2−2で引き分けた後、AFCの公式ホームページには「広州が優勝に近付いた」との記事が掲載されたが、韓国人はこれに納得していない。写真は広州恒大のサポーター。

Record China
2013年10月28日 14時21分
続きを読む

ランキング