Record China

ヘッドライン:

米国人夫婦、新型コロナで東南アジア旅行中止し「安全なもの」選択、行き着いたのがグランド・プリンセス号

配信日時:2020年3月12日(木) 15時50分
拡大
中国メディアの環球網は、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「グランド・プリンセス」に乗船している米カリフォルニアの50代の夫婦について伝えた。

中国メディアの環球網は3月11日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「グランド・プリンセス」に乗船している米カリフォルニアの50代の夫婦について伝えた。

米NBCの報道によると、夫婦は、新型コロナウイルスへの懸念から東南アジアへの旅行計画を中止し、「安全なもの」を選択した。それが、隔離されることになった客船グランド・プリンセスだった。

夫婦は10日、先月21日にサンフランシスコから始まった奇妙な放浪と冒険の長い旅を終わらせることを望みながら、まだオークランドに停泊しているクルーズ船内にいるという。

これについて、中国のSNS上の反応を見ると、「気の毒すぎる」「ダイヤモンド・プリンセスのニュースを知らなかったのだろうか」「吉ならば凶ではない、凶ならば逃れられない」「家にいるのが一番安全」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

クルーズ船 「アイーダ・ソル」から2人に新型肺炎の疑い

現地時間10日早朝、乗客2174人を乗せたドイツ籍のクルーズ船「アイーダ・ソル」は予定通りフランスのマルセイユに寄港する際、船内の乗客2人から新型コロナウイルス肺炎の症状が出たため、船を下りて、ウイルス検査を受けることになりました。 このクルーズ船はスペインのバレンシアから出発...

CRI online
2020年3月11日 13時15分
続きを読む

ランキング