Record China

ヘッドライン:

紙幣を消毒しようとレンジでチン!?中韓で発火事例相次ぐ

配信日時:2020年3月13日(金) 18時20分
拡大
11日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナウイルス感染への懸念から、紙幣を消毒しようと電子レンジにかけたことによる発火事例が、同国内で相次いでいると報じた。写真は韓国ウォン。

2020年3月11日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナウイルス感染への懸念から、紙幣を消毒しようと電子レンジにかけたことによる発火事例が、同国内で相次いでいると報じた。

記事によると、同国南東部、浦項(ポハン)のある住民が、5万ウォン札36枚(約15万5000円)を電子レンジにかけたところ、紙幣が発火し相当数が燃えてしまったという。同国南部、釜山(プサン)のある住民も1万ウォン札39枚(約3万3000円)を電子レンジにかけ、同様に紙幣を破損させてしまった。

ウォン紙幣には偽造を見分けるためにホログラムと隠れ線が入っており、電子レンジのマイクロ波に触れると火が付きやすいという。

韓国銀行は紙幣を電子レンジにかける行為について「消毒効果が不明確な上、火災の恐れがある」とし、こうした行為をやめるよう呼びかけているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「電子レンジは消毒器じゃない」「常識的な行動をすべきだ」「電子レンジで消毒ができると信じる人がいることが不思議だ」「無知だと他人にも被害を与える」「笑い事ではないね」などと軽率な行為に批判の声が上がっている。

また、「それだけ平穏な日常が地獄に変わってしまったんだな」「切ない話だ」などと、新型コロナウイルスの感染拡大で人々が混乱している状況を憂えるコメントも寄せられている。

こうした事例は中国でも起きている。中国メディア・人民網によると、江蘇省無錫(むしゃく)市で、高齢女性が3000元(約4万6000円)余りを電子レンジにかけたところ、そのほとんどが黒焦げになった。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング