Record China

ヘッドライン:

鐘南山氏「新型コロナが毎年流行する可能性大きくない」―米華字メディア

配信日時:2020年3月18日(水) 13時20分
拡大
新型コロナウイルスはインフルエンザのように毎年冬または春に流行する可能性があるとの指摘があることについて、中国工程院の鐘南山院士は「現時点で、その可能性は大きくない」との見方を示した。資料写真。

新型コロナウイルスはインフルエンザのように毎年冬または春に流行する可能性があるとの指摘があることについて、中国で「重症急性呼吸器症候群(SARS)の英雄」と呼ばれ、中国の新型コロナウイルス対策専門家チームのリーダーでもある中国工程院の鐘南山(ジョン・ナンシャン)院士は「現時点で、その可能性は大きくない」との見方を示した。

米華字メディアの多維新聞が17日、中国紙・南方都市報の16日付報道を引用して伝えたところによると、鐘南山氏はこのほど取材に応じ、「新型コロナウイルスが季節性の病気に変わると判断するに足る根拠は、これまでのところ観察されていない」とした。(翻訳・編集/柳川)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング