Record China

ヘッドライン:

スーパーの商品が高いと不満、勝手に営業停止通知を張り付ける―山東省

配信日時:2020年3月12日(木) 21時50分
拡大
9日、北京晩報は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部食料品などの物価が上昇する中、スーパーマーケットに「報復」をした男が逮捕されたと報じた。

2020年3月9日、北京晩報は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部食料品などの物価が上昇する中、スーパーマーケットに「報復」をした男が逮捕されたと報じた。

記事によると、2月20日に山東省徳州市にあるスーパーマーケットを訪れた市民の女性が、入口に「店内で新型コロナウイルスの感染例が確認されたため、営業停止を命令する」との張り紙が掲示されているのを見た。女性が現地当局に連絡して確認したところ、張り紙の内容は事実ではなく、店内で感染者は確認されていないことが分かったという。

現場に駆け付けた警察官が店内の防犯カメラを確認し、虚偽の紙を張ったとみられる人物を特定。乗っていた自動車からその居場所を探し出し、自宅にいた容疑者の男を逮捕した。

調べに対して容疑者は、スーパーの店頭に虚偽の張り紙をしたことを認めるとともに「2日前にスーパーで野菜や生活用品を購入した際、値段が高くなっていると感じた。不満に思い、感染者が出たとの情報を流すことで報復してやろうと思った」と供述しているという。

容疑者は公共秩序を乱したとして、行政拘留10日間の処分を受けた。(翻訳・編集/川尻

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング