Record China

ヘッドライン:

東京五輪「予定通り」と再発表、中国ネット「行く人はいるのか」「世界の状況見なければ」

配信日時:2020年3月11日(水) 21時20分
拡大
橋本聖子五輪相が10日の閣議後の会見で東京五輪・パラリンピックについて「予定通りの日程と報告を受けた」と話し、中国ネットで議論を呼んでいる。写真は大会エンブレム。

新型コロナウイルスの流行によって今夏に開催予定の東京五輪・パラリンピックの行方に注目が集まる中、橋本聖子五輪相が10日の閣議後の会見で「予定通りの日程と(大会組織委員会から)報告を受けた」と話し、中国ネットで議論を呼んでいる。

五輪・パラリンピックの開催をめぐっては、西村康稔経済再生担当相も同日、「延期や中止は現時点では全く考えていない」と話した。

中国メディアの頭条新聞が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でこれを伝えると、ネットユーザーからは、「強情だ」「『銃に弾は入っていない』(虚勢を張っているだけ)に賭ける」「勇気を出して開催しても、勇気を出して行く人はいるのか」「史上最も寂しいオリンピックになるのではないかと心配」などと否定的なコメントが相次いだ。

また、「それならしっかり新型コロナウイルスをコントロールして」「しっかりと感染予防して」と呼びかける声や、「日本自身がどうということはもう意味がない。世界の状況を見なければならない」という声もあった。(翻訳・編集/毛利)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング