Record China

ヘッドライン:

ディズニー映画「ムーラン」のワールドプレミア、武漢出身リウ・イーフェイが愛と勇気のヒロイン

配信日時:2020年3月11日(水) 20時50分
拡大
中国の女優リウ・イーフェイがヒロインを演じるディズニー実写映画「ムーラン」(花木蘭)が9日(現地時間)、米ロサンゼルスでワールドプレミアを開催した。
(1/8枚)

中国の女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)がヒロインを演じるディズニー実写映画「ムーラン」(花木蘭)が9日(現地時間)、米ロサンゼルスでワールドプレミアを開催した。

その他の写真

1998年公開のアニメ「ムーラン」の実写化で、中国で広く知られる伝承の物語をベースに、重病の父に代わって男性に扮して出征し、北方から侵略する異民族と戦う男装の少女・ムーラン(花木蘭)の活躍を描くもの。9日のワールドプレミアには主演のリウ・イーフェイをはじめ、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)、ジェット・リー(李連杰)ら中華圏から集まった豪華キャストが出席した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中国では公開延期となった「ムーラン」だが、アメリカでは予定通り今月27日に封切られる。ヒロインのリウ・イーフェイはウイルス感染が発生した湖北省武漢市の出身で、ワールドプレミアで行われたインタビューでは現地で暮らす家族の状況も注目の話題に。リウ・イーフェイによると、武漢に住む祖母は影響を受けずとても元気だといい、今回のウイルス感染については故郷を思って非常に心配したことを語っている。

メガホンを執ったニキ・カーロ監督は、この話が舞い込んでからほぼ4年にわたって「ムーラン」と生きてきたとコメント。中国と縁を結んだカーロ監督も今回のウイルス感染について、武漢をはじめ現地を非常に心配しているといい、報道で目にする医療関係者の奮闘について、「愛と勇気に満ちたムーランの精神を体現しているように思え、最大の敬意を表したい」と語っている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング