世界の兵器輸出シェアで韓国が急成長、上位10カ国のうち最大の増加率

Record China    2020年3月13日(金) 7時20分

拡大

10日、韓国・聯合ニュースは、世界の兵器輸出シェアで韓国が急成長していると報じた。 写真は釜山港。

2020年3月10日、韓国・聯合ニュースは、世界の兵器輸出シェアで韓国が急成長していると報じた。

記事によると、スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は9日、昨年までの5年間に世界で取引された兵器量を分析した結果を発表した。それによると、2015~19年の5年で輸出量が最も多かったのは米国。世界全体の兵器輸出量の36%を占め、2位のロシア(21%)を大きく引き離している。米国が紛争の多い中東諸国を相手に兵器販売を大幅に増やしたことが大きな原因とみられているという。

韓国は10~14年にはシェア0.9%だったが、15~19年には2.1%まで引き上げ10位となった。同期間における韓国の兵器輸出量はおよそ143%増加し、上位10カ国のうち最大の増加率を示したという。

韓国から兵器を購入する国は7カ国から17カ国に増加。これまでは輸出の過半数がトルコに集中していたが、英国(17%)、イラク(14%)、インドネシア(13%)など多角化したという。

これを受け、韓国のネット上では「韓国ファイト」「兵器の保有は自慢にならないけど、平和を愛する韓国の場合、兵器の保有量と軍事力は国を守る真の力になるだろう」など肯定的な声が多く、「現政権のおかげで韓国は強くなった」「韓国は今やすべてにおいてうまくやっている。大統領が新南方政策で頑張ったおかげ」など文政権に対しても称賛の声が送られている。

一方で「兵器は戦いに使うもの。韓国は、地球のあちこちで戦争が起きて平和がなくなることでお金を稼ぐ国?」「紛争が減ったら誰が一番嫌がるかな?」と複雑な心境を吐露するユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携