Record China

ヘッドライン:

「引きこもり生活に役立つ」商品・技能が人気、カットから調理まで―中国メディア

配信日時:2020年3月12日(木) 1時20分
拡大
大学院生の李さんはこのほどマスコミの取材に答える中で、「家にこもってだいぶ経つ。髪の毛がぼさぼさになったので、自分でカットするしかなかった」と話した。写真は封鎖されている武漢の集合住宅。

大学院生の李さんはこのほどマスコミの取材に答える中で、「家にこもってだいぶ経つ。髪の毛がぼさぼさになったので、自分でカットするしかなかった」と話した。人民日報海外版が伝えた。

新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、全国各地の美容院は再開していないところが多く、美容師が見つからない人がネット通販でヘアカッターを購入して、「外に出られず自分でカットしなければならない問題」を解決しようとしている。

統計によると、ECプラットフォームの拼多多では最近、「ヘアカッター」の検索件数が前年同期比410%増加し、数十機種は販売量が同290%増加した。ペット用トリミングカッターの販売量も大幅増加したという。

オフラインの買い物には影響が出たが、オンラインショッピングがその穴を素速く埋める。感染対策の期間中、ハンドミキサー、ヨガマット、冷凍食品など「引きこもり生活に役立つ商品」がネットユーザーの間で人気となり、美容や調理など「引きこもり生活に役立つ技能」も次々注目を集めるようになった。

■これまで人気のなかった商品が突然大人気に

引きこもり生活は特別な消費ニーズをもたらした。ヘアカッターという普段は引き合いも少ない商品が突然大人気になっただけでなく、他にもいろいろな商品の売り上げが大幅に増加している。

防護用品は感染状況の中で伸びがもっとも目立つ製品だ。マスクだけでなく、どこの家でも消毒液、ハンドソープ、アルコール消毒綿、使い捨て手袋などを購入するようになった。蘇寧がまとめた統計データでは、「威王」(vewin)ブランドの84家庭用除菌液、「滴露」(デトール)ブランドの衣類除菌用液体洗剤、「藍月亮」ブランドのアロエ静菌ハンドソープの売り上げは2019年同期に比べ、威王が2561%、滴露が643%、藍月亮が1616%、それぞれ増加した。

ショッピングサイトの唯品会の関係責任者は、「1月28日から2月4日までの間に、唯品会の衛生関連商品の売り上げは前年同期の10倍以上に増え、中でも消毒液は873%増加した。家庭用品の売り上げは367.2%増加し、このうち紫外線消毒器は300%近く増加した。体温計、耳式体温計など体温計類の売り上げも20倍近く増加した」と話す。

食品では、冷凍食品類のオンライン販売量が飛躍的に増加した。感染症の影響で外出が制限され、いざというときのために食品をストックしておきたいと考える人が増えた。こうして冷凍水餃子、豚肉・羊肉、野菜・果物などの食品のネット販売量が急速に増加した。京東が提供したデータでは、最近は冷凍総菜類商品の売り上げが前年同期の10倍に増え、中でも「呉大娘」ブランドの水餃子は春節(旧正月、今年は1月25日)から現在までの売上高が前年同期の45倍に達したという。

家で食事を作る機会が目に見えて増加したという人が多く、調味料類の売り上げも増加した。美団がこのほど発表した「2020年春節おうち経済ビッグデータ」によれば、今年の春節連休期間には、ネギ・生姜・ニンニクの注文数が393万件に上り、しょうゆ、酢、香辛料粉ミックスの十三香といった各種調味料全体の売り上げも8倍以上増加した。

家にこもり、外で運動する機会が大幅に減少したため、屋内ウォーキングやヨガが体を動かす最良の方法になった。各種ウォーキングマシン、トレーニングマシン、ヨガマットなどのトレーニング機器・用品の売り上げが急上昇している。

従来型の娯楽のスタイルに飽き足らない人は多く、新技術が牽引する仮想現実(VR)ゲームモデルを模索し、VRゴーグルやVRコントローラーをネットで購入して、よりリアルで刺激的なゲームの世界を体験するようになった。天猫国際(Tmallグローバル)では、体感型ゲームのコントローラー販売量が前年同期の4倍以上になったという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング