Record China

ヘッドライン:

新型コロナウイルスの世界的感染拡大が中国企業に「新たな挑戦」―米メディア

配信日時:2020年3月11日(水) 6時10分
拡大
米ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは9日、「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が中国経済に新たな挑戦を突き付けた」とする記事を掲載した。写真は上海のイケア(今月1日撮影)。

米ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは9日、「中国では新型コロナウイルスの影響で停滞した経済活動が再開しつつあるが、世界的な感染拡大が中国経済に新たな挑戦を突き付けた」とする記事を掲載した。

記事はロイターの報道を引用する形で、「8日現在、元通りの稼働に戻った中国企業は約61.8%。全国の経済活動は74.1%が回復に至っている」との見通しが示されたことを説明。中国当局の現在の防疫措置の重点が「海外からの流入」に置かれていることなどにも言及した。

記事はその上で、「今年1~2月の中国の輸出総額は前年同期比17.2%減、輸入は4%減で、貿易赤字は71億ドル(約7450億円)」とのデータを紹介し、「先週、中国各地の地下鉄の1日当たりの利用者数は前の週より46.5%多い延べ1500万人に達した」との報告がなされるも「北京地下鉄では春節(旧正月)前の15%にとどまっている」と指摘。さらにロイターが経済学者に対して実施した調査で、「中国経済の今年第1四半期の成長率は前期の6%を大幅に下回る3.5%」との結果が出たことを伝えた。

記事によると、調査を受けたのは40人余りで、うち2人は「成長幅はゼロ」と回答、1人は「5%」と答えるなど評価に大きな開きがあったという。(翻訳・編集/野谷

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング