韓国の医療現場はもう限界?大韓感染学会理事長の「外国人入国禁止」要請に賛同の声続々

Record China    2020年3月27日(金) 22時40分

拡大

26日、韓国メディア・韓国日報によると、新型コロナウイルス感染をめぐる大韓感染学会の白敬蘭理事長の発言が注目を集めている。写真はソウルの地下鉄。

2020年3月26日、韓国メディア・韓国日報によると、新型コロナウイルス感染をめぐる大韓感染学会の白敬蘭(ペク・キョンラン)理事長(サムスンソウル病院)の発言が注目を集めている。

白理事長は同日、SNSで「医療関係者は疲れている」「外国人まで治療するほどの余力はない」などと訴え、「ほとんどの国が韓国からの入国を規制している。韓国政府が主張する相互主義に基づき今からでも外国人の入国を禁止してほしい」と求めたという。

韓国では最近、海外旅行に行ってきた人や留学生、外国人など海外から来た人による感染流入のケースが増えているという。

記事は「これまで何度も、大韓医師協会などの専門家が外国からの入国を禁止するべきだと主張してきた」とし、「今回の白理事長の投稿がどんな影響を与えるか注目される」と伝えている。

これに韓国のネットユーザーからは「入国を禁止してほしい。『すぐに終息する』と言い続けてもう2カ月。国民も疲れている」「油断していたらイタリアのような事態になってしまうよ。医療関係者が疲れて倒れたら誰が責任をとる?彼らはスーパーマンではなく普通の人間だ」「政府はそろそろ医師たちの話に耳を傾けるべき」「韓国政府は外国から称賛されたいがために国民を犠牲にしている」「政府は『最初から中国人の入国を禁止していればよかった』と言われたくないから意地になっているだけ」など、白理事長に賛同する声が続々と寄せられている。

一方、一部では「コロナのことだけを考えると禁止すべきだけど、輸出大国の国としては難しい選択」「言う通りにすべて阻止して輸出が破たんしたらまた政府を批判するのでは?」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携