Record China

ヘッドライン:

新型コロナで通勤の動き、伊63%減、米38%減、日本9%減=中国ネット「マスク着用率では日本が圧倒」

配信日時:2020年4月6日(月) 8時0分
拡大
中国メディアの微天下は4日、「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本の通勤の動きはわずか9%しか減少していないことが分かった」と報じた。写真は東京都内の電車。

中国メディアの微天下は4日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本の通勤の動きはわずか9%しか減少していないことが分かった」とする記事を配信した。

記事は、日本メディアの報道を引用し、「米グーグルが、スマートフォンなどを通じて集めた位置情報を活用し、新型コロナウイルス感染拡大を受けた各国の外出制限の取り組みを分析したところ、イタリアは63%減、米国は38%減だったのに対し、日本は9%減にとどまった」と伝えた。

また、「4日時点の日本全国の感染者は3360人となった。東京では新たに118人の感染が確認され、1日の確認数は最多を更新し、感染者は累計で891人となった。その多くは感染経路が不明だ。東京はこれまでのところ強制的な都市封鎖や外出禁止措置は講じていない」とも伝えた。

これについて、ウェイボー上では「報道などで日本の街頭の様子を見ると、ほぼすべての人がマスクを着用している。着用率は欧米を圧倒」「マスクを着用し感染予防に努めているのだから、大きな問題はないのではないか」「日本が公表している感染者等の数字が正しいとすれば、感染者が比較的少ないのはマスクを着用しているからと説明できる」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング