Record China

ヘッドライン:

中国で新型コロナ隔離施設のホテル倒壊、改修工事が原因か―中国メディア

配信日時:2020年3月8日(日) 17時40分
拡大
8日、新華社は、7日夜に隔離施設として使用されていたホテルが倒壊した際、1階で改修工事が行われていたと伝えた。

2020年3月8日、新華社は、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らが隔離されていた福建省泉州市のホテルが7日夜に倒壊した際、1階で改修工事が行われていたと伝えた。

福建省泉州市鯉城区で7日夜、欣佳ホテルが突然倒壊し大勢の人ががれきの下に取り残された。

泉州市鯉城区住建局の張翼(ジャン・イー)局長によると、倒壊したホテルの建物面積は約7000平方メートル、7階建てで、鉄骨建築だという。13年に建設され、18年にホテルとして改装し、同年6月から営業を開始していた。ホテルには66室あり、1階の6店舗分のスペースのうち2店舗分はスーパーが入居していた。

今年の春節(旧正月)前に、事業主はスーパーに貸していた店舗を自動車販売店とするため改修工事を始めていたという。そして3月7日午後7時ごろ、事業主は現場の作業員から、作業中に1階の柱1本が変形しているとの電話を受けた。その3~4分後にホテルが倒壊したという。

張局長は、倒壊の原因が改修工事によるものなのか、もともとの構造的な問題なのか、さらなる調査が必要だとしている。警察がすでに事業主の身柄を拘束しているという。

環球網によると、倒壊したホテルでは71人ががれきの下に取り残された。8日午前10時30分現在、現場から42人が救出されたが、うち4人が死亡、重体が1人、重傷が4人だという。ほかに9人は自力で脱出したという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング