Record China

ヘッドライン:

世界初のリチウム畜電池潜水艦「おうりゅう」ついに就役、式典は全員マスク装着―中国メディア

配信日時:2020年3月9日(月) 9時50分
拡大
6日、環球網は、世界初となるリチウムイオン畜電池搭載の通常動力潜水艦「おうりゅう」の引き渡し式が行われたことを報じた。資料写真。

2020年3月6日、環球網は、世界初となるリチウムイオン畜電池搭載の通常動力潜水艦「おうりゅう」の引き渡し式が行われたことを報じた。

記事は、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦の11番艦である「おうりゅう」の引き渡し式が5日に三菱重工神戸造船所で行われたと紹介。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、引き渡し式の参列者数が制限されるとともに、隊列を組んだ乗員はみなマスクを装着していたと伝えた。

そして、「おうりゅう」について長さ84メートル、基準排水量2950トン、水中速力約20ノットで、2015年11月に着工し660億円の建造費をかけて造られたと説明。その外観はこれまでの「そうりゅう」型潜水艦とほぼ同じであるものの、世界で初めて鉛蓄電池に代わってリチウムイオン畜電池を完全使用した通常動力潜水艦であり、その巡航速度、連続潜水航行能力などが高まり、行動能力が大幅に向上したと紹介している。

また、潜水艦に搭載されるリチウムイオン蓄電池の性能について、開発を担当した日本企業のGSユアサが2017年に「同じ体積における電池容量が、鉛蓄電池の2倍。今後の技術発展に伴いさらに高まる」と発表していたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング