Record China

ヘッドライン:

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate Xs」発売初日に完売、63万円で転売も―中国

配信日時:2020年3月6日(金) 22時10分
拡大
5日、ファーウェイは1万6999元の折りたたみスマートフォン「Mate Xs」を発売した。初代「Mate X」の発売時の光景「数秒で完売」が今回も出現した。

5日午前10時8分、ファーウェイ(華為)は1万6999元(約25万5000円)の折りたたみスマートフォン「Mate Xs」を発売した。初代「Mate X」の発売時の光景「数秒で完売」が今回も出現した。新機種を手に入れようと意気込んでいたユーザーは、「(インターネットの購入画面で)購入ボタンも見ないうちに売り切れた。なんて難しいんだ」と肩を落とした。中新経緯が伝えた。

ダフ屋マーケットでは、発売されたばかりのXsに4万元(約60万円)前後の値段がついている。ただ、初代Xが2019年11月に発売されてすぐに6万元(約90万円)から8万元(約120万円)の転売価格になったのに比べれば、大幅に「値下がり」したといえる。

ダフ屋の帥さん(仮名)は、「発売前にあるルートで現物を手に入れた。今の売値は1台4万2000元(約63万円)だ。発売されたばかりで、市場ではまだ人気がなく、反応は鈍い。今は現物がほんの少ししかないが、なんとか手に入れた分がもうすぐ届く。市場で人気が出たら、タイミングを見て価格を引き上げる」と話した。

別のダフ屋は、「同業者のところからMate Xsの在庫を1台手に入れ、売値は3万元(約45万円)だが、対面での取引しかできない」と話した。それから数分後、この人に取り引きの詳細について聞こうと思ったところ、「もう売り切れた」との返事が返ってきた。

中古取り引きプラットフォームでは、Mate Xsが大量に売られており、価格は3万-5万元(約45-75万円)だ。

ファーウェイが1月初めに明らかにしたところでは、「Mate Xは19年11月に中国市場で発売されてから、毎月の販売量が10万台に達した」という。

北京時間2月24日夜、ファーウェイはスペイン・バルセロナで次世代折りたたみスマホMate Xsを発表し、中国モデルは1万6999元(約25万5000円)で、初代Mate X並みの価格とした。2月26日午前10時8分からオンライン予約を受け付け、3月5日午前10時8分に販売を開始して予定分は完売した。次は3月8日午前10時8分に販売が再開される予定だが、どれくらいの数が準備されるのかはまだはっきりしない。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング