Record China

ヘッドライン:

<コラム>米ヘリテージ財団、F-15EXをやめてF-35をより多く調達することを推奨

配信日時:2020年3月14日(土) 10時30分
拡大
アメリカ空軍は、F-15EXの調達をやめるかわりに、F-35ライトニング IIステルス戦闘機を調達するべきであるとヘリテージ財団のジョン・ベナブル上級研究員が推奨している。写真はF-35。

アメリカ空軍は、F-15EXの調達をただちにやめるかわりに、F-35ライトニング IIステルス戦闘機を2021会計年度は80機、22年は100機、23年は120機調達するべきであるとヘリテージ財団のジョン・ベナブル上級研究員(防衛政策担当)が推奨している。ベナブル研究員の当該レポートは、今年の3月2日付で公開された。

ベナブル研究員によれば、F-35にはまだ荒削りなところがあるものの、すでに必要とされる最も重要なことや、費用対効果のしきい値は越えたという。

レポートによれば、最初に導入されたときのF-35の運動性についての制限は、現在では完全に過去のものとなった、としている。

F-35A飛行隊の30人のパイロットにF-35についてインタビューしたところ、以前に第4世代機を経験したことのある20人すべてが、想定できるような、ほぼあらゆるドッグファイトがある戦闘シナリオの場合でも、第4世代機よりもF-35のほうが良いと言ったという。

F-35のコストは、(現行会計年度の貨幣価値で)1機あたり8710万ドルと見積もられているが、2021会計年度には7920万ドル、22年には7790万ドルと、安くなっていくと見込まれている。

F-35はステルス性能を維持するために、戦闘に必要なセンサーなどの装備は、元から機体内に備えられている。第4世代機では、新しいセンサーを使用するためにはポッドなどを、追加で装備する必要がある。

F-15EXを戦闘で運用するためには、F-15EXそのものの調達だけではなく、さらに自己防衛システム(見積もりコスト750万ドル)、スナイパーターゲティング・ポッド(同170万ドル以上)が必要で、戦闘用構成のF-15EXのトータルコストは、9690万ドルになり、同程度の構成のF-35Aより190万ドルも高額になるという。

F-35の任務遂行可能率は、J-35ジョイントプログラムオフィス(JPO)によれば、2018年の55パーセントから、2019年には73.2パーセントに増えた。パーツ供給が優先されている前方展開のF-35戦闘飛行隊では、任務遂行可能率は89パーセントを維持することができた。これは、F-35の飛行部隊にはパーツ供給での問題が、未だにあることを意味している。

中国の接近阻止・領域拒否(A2/AD)における対航空機能力の多くは、近代的な統合型防空システム(IADS:Integrated Air Defense System)によるものだ。その中にはロシア(ソ連)製のS-300やS-400、そして中国が開発したHQ-9(紅旗9)などが含まれる。

今年1月に公開された英国王立防衛安全保障研究所のジャスティン・ブロンク研究員の研究によると、中国国産の地対空ミサイルシステムは、ロシアのS-400よりやや技術的に劣るという。しかし、中国には国内に非常に大規模の先進的な電子産業があり、ロシアよりレーダーやセンサーの技術面で有利な立場にあるとしている。

1950年に勃発した朝鮮戦争時代から2005年前後くらいまで、中国の全体的な空軍と地上防空能力の訓練や技術・装備は、ソ連(及び、その後のロシア)への依存度が非常に高かった。しかし、習近平(シー・ジンピン)国家主席の体制下で、中国人民解放軍は急速に近代化をおこない、装備や戦術で、ロシアとの違いを誇示しはじめている。中国は、最近でもロシアからS-400を調達し、ロシアのミサイルや航空機の技術の輸入をし続けている。しかし、特に中国のHQ-9は、ロシアのS-300に相当するものだが、誘導のためのセンサー(シーカーヘッド)や指揮統制技術関連は、サイバー攻撃や、伝統的な諜報活動、軍民融合政策による西側民間企業の技術の取り込みなど、さまざまな手段を駆使することによって、アメリカやイスラエルから大きく影響を受けているとされる。中国はロシアより、はるかに国内の微細電子工学産業が発達しており、特定分野では急速にロシアに依存しなくなっている。

中国は、特にこれまでの30年の間、アメリカの軍事作戦に注目してきた。アメリカの戦略、作戦、戦術を学ぶことにより、中国は、自らの第5世代戦闘機を開発したり、接近阻止・領域拒否能力を向上させてきた。

米国防総省が、アメリカ合衆国議会に提出した年次報告資料『中華人民共和国に関する軍事と安全保障の発展 2018年』によると、中国人民解放軍は、世界で最も大規模な先進的長射程地対空ミサイルシステム戦力を所有する軍の一つであると説明している。

F-35は第5世代戦闘機であり、ステルスなどさまざまな能力面で、第4世代機のF-15より大きく勝っている。F-15EXは、中国の接近阻止・領域拒否の脅威を排除するのが難しいか、同じ任務でも、より多くのコストがかかる状況が多いと推測される。

ステルス性能とはレーダーから自機を隠す能力だけではない。冷たい空を背景にしている温かい航空機は、赤外線センサーを使用した敵に簡単に見つかってしまう。熱の痕跡(シグネチャー)を最小化するのも、ステルス機の重要な要素である。

第5世代航空機はLPD/LPI(低傍受可能性/低探知可能性)無線データリンクをもっていなければならない。LPD/LPIは、方向性のある低出力の細いビームをつかうため、敵が信号を受信することが極めて難しくなる。第5世代機は自動的に自機のセンサーの出力や方向を管理することができ、状況によっては受動的なセンサーを頼りにすることもできる。これらすべてがひとつとなって、最新のステルス航空機の技術が成りたっている。

ステルス機が有利な点はそれだけではない。最新の第5世代機は、ジャミングや欺瞞妨害のような電子攻撃を、非常に低出力で、はるかに効果的におこなうことができる。これにより、ステルス機は、中国のような強力なA2/AD能力を持つ空域に、ずっと深く入りこむことができ、より脅威に近づくことができる。

F-15EXのレーダー反射断面積(RCS)は、とても大きい。そのため、脅威度の高い空域(競争環境:contested environment)に侵入するためには、F-15EXを守るための電子攻撃のボリュームを非常に大きくする必要がある。もしも、ジャミングを使ってF-15EXの正確な位置を隠すことができたとしても、このようなやり方は、夜中に看板広告用のネオンサインを煌煌と点灯しているようなものだ。敵の視点からすれば、何かが近づいてきているということを、大大的に宣言されているのと変わらない。

■筆者プロフィール:洲良はるき
大阪在住のアマチュア軍事研究家。ブログやツイッターで英語・中国語の軍事関係の報道や論文・レポートなどの紹介と解説をしている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

ランキング