Record China

ヘッドライン:

<ボイス>感染深刻なイタリア、中国人留学生は危機感の希薄さに不安

配信日時:2020年3月7日(土) 14時20分
拡大
6日、イタリアで新型コロナウイルスが猛威を振るっている。こうした中、同国のボローニャで学ぶ、ある中国人留学生がSNS上で自身の状況を報告した。写真はボローニャのスーパーマーケットに置かれた消毒液。

2020年3月6日、イタリアで新型コロナウイルスが猛威を振るっている。こうした中、同国のボローニャで学ぶ、ある中国人留学生がSNS上で自身の状況を報告。この学生は周囲の危機感の希薄さにも不安を抱いている。

学生の投稿は「たった十数日で感染者が4000人になろうかという勢いなのに街を歩く人は誰もマスクを着けていない」という指摘から始まる。続けて、「今日、友人と一緒に中国にいる親類が送ってくれたマスクを受け取りに行った」と説明。ある店に入ると、周囲にいた1人から「マスクを取れ!ここにウイルスはいない。若いんだからマスクなんてするな」という言葉を浴びせられたそうだ。

学生は「あの時は本当に怖かった。友人がいてくれたからよかったけど、もし1人だったら…」と振り返り、「今、イタリアはこんな状況。政府は『インフルエンザ』としていて、人々は何とも思っていない。いつも通り、食事やパーティーをしている。われわれが唯一できることは外出を減らしたり、外出時にマスクを着けたりするぐらいだが、差別的な人に出会うことを恐れている。怖いのは冷たい視線や罵声ではなく、怒りっぽい人に出くわして暴力を振るわれること。どうすればいいんだろう。全てのことが早く過ぎ去ることを祈るしかない」と嘆いている。(翻訳・編集/野谷

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング