韓国で軍へ入隊する若い女性が増加=背景には“女性蔑視”が存在―韓国メディア

配信日時:2013年11月5日(火) 13時21分
韓国で軍へ入隊する若い女性が増加=背景には“女性蔑視”が存在―韓国メディア
画像ID  400401
3日、韓国メディア・NEWSISは、韓国で軍隊へ入隊を希望する若い女性が増加していると報じた。背景には、求職時の女性蔑視の影響による就職難があるという。資料写真。
2013年11月3日、韓国メディア・NEWSISは、韓国で軍隊への“就職”を希望する若い女性が増加していると報じた。背景には、求職時の女性蔑視の影響による就職難があるという。4日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

韓国国防部のデータによると、女性の陸・海・空軍への入隊希望者は2010年の1300人から2012年には1900人へと50%近く増加している。卒業生だけでなく大学在学中でも申し込みは可能で、筆記試験と体力測定、面接試験に合格すれば入隊できる。また、3年後に転職する場合、一部の大企業が軍隊経験者専用の求人枠を設けるなど、一般の求職者よりも有利になるという。

韓国の25〜29歳の女性の失業率は6.2%で、社会全体の失業率2.7%を大きく上回っている。韓国では、同じ条件では一般に男性の求職者が有利で、若い女性にとって就職は“狭き門”となっている。そのため、将来の就職に少しでも有利な条件を得ようと、多くの女性が軍隊へ目を向け始めたとみられている。

こうした状況について韓国梨花大学の李柱熙(イ・ジュヒ)教授は「女性の軍隊への積極的な参加は奨励すべきだが、求職時の女性蔑視を反映している側面もある」と分析している。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事