台湾、新型コロナ致死率4%突破し世界一に―中国メディア

Record China    2021年6月23日(水) 19時20分

拡大

台湾では5月中旬以降、新型コロナウイルスの感染が急拡大している。中国紙・環球時報(電子版)は23日、「台湾の新型コロナ致死率は4%を突破し、世界一に」とする記事を掲載した。写真は台湾の病院。

台湾では5月中旬以降、新型コロナウイルスの感染が急拡大している。中国紙・環球時報(電子版)は23日、「台湾の新型コロナ致死率は4%を突破し、世界一に」とする記事を掲載した。

記事によると、台湾の中央感染症指揮センターは22日、新型コロナウイルスの感染者を新たに79人確認したと発表した。うち国内感染者が78人で、海外に行動歴がある輸入症例は1人。また6人の死亡が確認された。

記事が台湾・東森新聞の報道を引用する形で伝えたところによると、台湾では1日あたりの新規感染者数は減少している。一方で、致死率は上昇を続けており、わずか10日間で1ポイント近く上昇し、現在は4%を突破して世界一となっている。致死率は、11日時点で3.08%、12日時点で3.22%、20日時点で3.9%で、21日時点で4%を突破した。22日時点の台湾内の感染者は累計1万4157人、死者は累計575人で、致死率は4.06%。

記事はまた、「台湾の聯合新聞網によると、台湾では22日、ワクチン接種後に35人が死亡し、新型コロナウイルスに感染して死亡した6人を大きく上回っている」とした上で、「不明な死亡事件が相次いでいることが、人々のワクチン接種意欲に影響を及ぼしている。台中市が、英国製ワクチンを接種しなかった中高年446人にその理由を尋ねたところ、『接種による突然死と副反応を心配』が41%に上った」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携