Record China

ヘッドライン:

新型肺炎の発生地は中国ではないかも?中国側主張に韓国各紙「言い逃れ」「責任転嫁」と反発

配信日時:2020年3月7日(土) 17時10分
拡大
新型肺炎の発生地をめぐり、中国ではない可能性があるとの主張が中国で相次ぎ、韓国各紙は「言い逃れ」「責任転嫁」などと反発している。中国武漢病院

新型コロナウイルスによる肺炎の発生地をめぐり、中国ではない可能性があるとの主張が中国で相次いでいる。これに対し、韓国各紙は「言い逃れ」「責任転嫁」などと反発。「中国がこうした態度を取る背景には、正確な発生地は断定が難しいとの計算が働いているとの見方もある」と伝えた。

朝鮮日報によると、中国が新型コロナウイルスの発生地ではないとする主張は2月26日から始まった。武漢市はソーシャルメディアで「当局が確認した新型コロナウイルスの最初の確定患者の陳氏は(発生地とされた)武漢華南海鮮卸売市場への訪問歴がなかった」と指摘した。陳氏がどういう経路で感染したかは明かさず、これまで通説だった発生地を否定した格好だ。

翌27日には中国で「SARS(重症急性呼吸器症候群)の英雄」と呼ばれる中国工程院の鍾南山院士が広東省広州市で記者会見。「新型コロナウイルスが中国で真っ先に出現したが、直ちに中国で発生したとは見なせない」と述べた。

28日にスイス・ジュネーブで開かれた世界保健機関(WHO)の記者会見では、中国・中央テレビ(CCTV)の記者が鐘氏の発言を取り上げ、「新型コロナウイルスが他地域から来た可能性はあるのか」と質問した。WHOのマリア・ファン・ケルクホーフェ新興感染症対策部門責任者は「まだ確実な答えは得られておらず、現在調査中だ」と回答。中国メディアは一斉に「WHOが発生地の不確実性を認めた」と大々的に報じた。中国共産党系の環球時報は1日、「新型コロナウイルスの発生地が不確実なのに(中国に)汚名を着せるべきなのか」とする記事を掲載した。

鍾氏の発言について、中央日報は「中国の責任転嫁だという批判が出てきた」と苦言。「中国は世界を恐怖に陥れた新型コロナ事態に対し、世界に対してこれまで謝ったことがない。鍾氏の新型コロナ発源地否定は責任回避を超えている。中国ではなく外国から入ったのであれば中国は被害者となる」と非難した。

さらに同紙は、北京大学公共衛生学院副院長の王培玉氏が「初めて発見された患者が必ずしも最初の震源地だとは言うことはできない。新型コロナがより多くの起源を持っている可能性を排除することはできない」と説明したことに言及。環球時報の英語版が2月29日に「新型コロナの起源は未解決状態」という記事で、発源地が中国ではなく(インフルエンザ患者が増えている)米国である可能性を提起したことも紹介した。朝鮮日報も「米国発生説」に触れ、「居直る中国」などと批判した。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング