Record China

ヘッドライン:

世界知的所有権機関の次期トップ選挙、中国人敗れる―仏メディア

配信日時:2020年3月5日(木) 16時0分
拡大
仏RFIの中国語版サイトは3月4日付で配信した記事で、「国連機関の世界知的所有権機関(WIPO)の次期トップ選挙で、中国人が敗退した」と報じた。写真はWIPOの会議(資料写真)。

仏RFIの中国語版サイトは3月4日付で配信した記事で、「国連機関の世界知的所有権機関(WIPO)の次期トップ選挙で、中国人が敗退した」と報じた。

記事によると、WIPOは4日、次期事務局長を決める選挙を行い、欧米諸国が推すシンガポール特許庁(IPOS)長官のダレン・タン氏が、WIPO事務次長を10年務めた中国の王彬穎(ワン・ビンイン)氏を決選投票で破った。

得票数はタン氏が55、王氏が28だった。(翻訳・編集/柳川)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】米国は何を恐れているのか、あの手この手で中国に対し選挙妨害

世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長選挙が来週、スイスのジュネーブで開催される。中国やその他の多くの国が候補を推薦し、それぞれの候補がWIPO事務局長の座を目指して競っている。しかし、選挙活動が始まる前になって一部の米国人がまたも、自作自演の「茶番」を演じはじめた。 例えば...

CRI online
2020年2月28日 23時5分
続きを読む

世界の知的財産権保護に中国が大きく貢献―中国メディア

世界知的所有権機関が発表した「グローバル・イノベーション・インデックス」によると、グローバル・イノベーション・ランキングにおける中国の順位は、2016年の25位から19年の14位にまで上昇した。写真は知的財産権侵害・模倣品撲滅国際協力フォーラム。

人民網日本語版
2019年11月12日 13時20分
続きを読む

ランキング