Record China

ヘッドライン:

「ドライブスルー」に続き「ワンストップ」、「新型ウイルスより早く進化する検査法」と韓国紙

配信日時:2020年3月7日(土) 7時0分
拡大
韓国で新型肺炎の迅速な検査のための「ドライブスルー方式」に続き、「ワンストップ方式」が登場した。韓国紙は「新型ウイルスより早く進化する検査法」と称賛している。写真は韓国の薬局。

韓国で新型肺炎の迅速な検査のため「ドライブスルー方式」を地方自治体が相次いで導入している中で、病院駐車場で車に乗って待機していれば医療スタッフが駆け付けて検査を行う「ワンストップ方式」も登場した。韓国紙は「新型ウイルスより早く進化する検査法」と称賛している。

ドライブスルー方式は感染を疑われる症状がある人との接触を最小限に抑え、検査時間を短縮しようとソウル近郊の京畿道高陽市や世宗市などが2月末に始めた。検査を受ける人は問診から検診、検体採取まで車に乗ったまま受けることができる。感染が疑われる症状があれば医療スタッフが検体を採取するが、特に症状がなければすぐに診療所を後にできる。

高陽市の李載俊市長は「待合室での感染が疑われる患者間の感染を防ぐことができ、速やかに検査できる。患者と医療スタッフの接触も最小限に抑えて医療スタッフを保護できる」とその効果を説明した。

ハンギョレ新聞によると、これをさらに一歩進めたのが「車両利用ワンストップ選別診療所」。京畿道城南市の盆唐済生病院が3日から開始した。同病院は2月27日、保健福祉部から呼吸器疾患に対して病院訪問から入院治療までの診療の全過程で一般外来患者と分離して診療する国民安心病院Bに指定された。

この選別診療所を利用すれば、検体の採取が車中で行われるため、1人当りの検査時間が5~10分以内に大幅に短縮される。ドライブスルー方式は検査対象者が自分の車から降りずに車両を移動して受付・問診・処方などを受けることができるが、ワンストップ方式は対象者が車中で待ってさえしていれば済む。

選別診療所では1日に最大80人ほどの検査が行われ、平日の午前9時から午後5時まで医者1人と看護師・臨床病理士4人、事務スタッフ2人、案内要員3人が勤める。検査を望む人は病院が指定した場所に駐車して車中で待てば、医療スタッフが直接車に近づき、すべての検査を行う。

設置場所は同病院本館前の地上駐車場で、面積は457平方メートル規模。そこには選別診療所1棟と詰め所9棟、事務所1棟が設置され、2日から試験運営された。試験運営したこの日、70人が検査を受けたという。

同病院のイ・ヨンサン院長は「検査待機による相互感染を予防してより多くの検査ができる車両利用ワンストップ選別診療所を運営することになった。検査対象の患者がより一層便利に検査を受けることができるように最善を尽くす」と話した。(編集/日向)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング