新型コロナウイルスの韓国経済への影響はSARSより大きい?韓国ネットに危機感

Record China    2020年3月4日(水) 8時10分

拡大

2日、韓国・ファイナンシャルニュースは、経済協力開発機構や世界の格付け会社が見通しとして示した、韓国の今年の経済成長率について伝えた。写真は韓国の空港。

2020年3月2日、韓国・ファイナンシャルニュースは、経済協力開発機構(OECD)や世界の格付け会社が見通しとして示した、韓国の今年の経済成長率について伝えた。

記事はOECDが同日、今年の経済成長率見通しを0.3ポイント引き下げ2%になると発表したことについて、「新型コロナウイルスの影響はかなり限定的としている」と分析した。

また、「グローバル投資銀行や国際格付け会社は、新型コロナの影響を鑑みて今年の韓国の成長率を相次いで修正している」とし、「グローバル機関は、新型コロナウイルスの感染がピークとなると予測する3月が、今年の韓国経済の方向性を計る分岐点になるとみている」と指摘している。同国の中央銀行・韓国銀行が成長率を2.1%と見通す中、米の格付け会社・スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は1.6%と低い数値を示した。一方、同じく米のJPモルガンは2.2%と相対的に高い成長率を予測。日本の野村證券は1.8%と示したという。

記事は「まだ3月の始めであることを勘案すると、今後、新型コロナウイルスの感染者の推移や終息時期によって成長率は再び修正される可能性が大きい。韓国の輸出と内需は、予想よりも速く活力を失っている」と指摘。成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官の話として「過去のSARS(重症急性呼吸器症候群)の時よりも、中国の経済規模と韓国の対中国輸出依存度が大幅に増加している。中国がグローバル供給網で重要な役割を果たしている点を考慮すると、新型コロナウイルスの影響はSARSよりも大きい。新規契約が行われる3月から影響が出始めるだろう」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは、「(1997年の)IMF通貨危機よりも深刻になる気がする」「正確に状況判断しないと。今後、少なくとも1年は苦労するだろう」「なぜ中国に対する経済依存度を低くできないのだろうか」「国が滅びるのは一瞬だ」などと危機感を募らせていることをうかがわせるコメントが寄せられている。

また、「韓国経済への最大の悪影響は新型コロナではなく無能な現政権だ」「政府のせいにしていてもだめ。この機会に再び国を立て直さないと」などといった声も上がっている。(翻訳・編集/関)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携