Record China

ヘッドライン:

韓国即席麺の輸出が好調、中国には年間4万トン―韓国メディア

配信日時:2020年8月27日(木) 10時40分
拡大
韓国関税庁が公表した統計データによると、2019年の韓国即席麺の輸出額は4億6699万ドルで、この4年間で2倍になり、同期の輸出量は13万7284トンで、うち対中輸出が最多となる4万トン超だった。

2020年8月26日、中国メディアの澎湃新聞は韓国の聯合ニュースの報道を引用し、韓国関税庁が25日に公表した統計データによると、2019年における韓国の即席麺の輸出額は4億6699万ドル(約496億6905万円)で、この4年間で2倍になり、同期の輸出量は2.74倍に増加し、13万7284トンに達したと報じた。その中でも対中輸出が最多を占め、4万トン超だった。

報道によると、韓国の即席麺の輸出量は4年連続で増加しており、2015年から2019年までそれぞれ、5万5378トン、7万9585トン、11万115トン、11万5976トン、13万7284トンだった。輸出額も2015年の2億1879万ドル(約232億6175万円)から2019年には4億6699万ドル(約496億6905万円)へと2倍に増加した。

2019年だけをみると、中国向けの輸出量が最も多く、4万1537トンだった。その後に続く米国(1万4908トン)、日本(9638トン)、オーストラリア(6147トン)、インドネシア(5988トン)、台湾(5962トン)、ベトナム(5669トン)、タイ(5170トン)、フィリピン(4251トン)、マレーシア(4222トン)などが輸出量の上位10カ国・地域に入った。

即席麺のブランドから見ると、大手メーカー・農心の今年上半期の海外販売額は5億2000万ドル(約553億200万円)で、すでに2019年の同社年間販売額の65%に達した。もう一つのメーカー・三養食品の海外販売額は1797億ウォン(約161億6500万円)で、2019年の同社年間販売額の約67%に相当する。そのうち対中輸出が50%を占め、東南アジア向けの輸出が約40%を占めた。

韓国の業界関係者によると、韓国の辛いテイストのラーメンは海外で人気を博しており、加えて新型コロナウイルスの流行により、人々が家にいる時間が増えたため、即席麺の需要も高まっており、即席麺の輸出は今後も増加傾向が続くとみられる。

韓国の即席麺について、中国のネットユーザーからは「韓国の即席麺はおいしい」「別に愛国心がないわけではないが、韓国のラーメンが好きだ」「韓国の即席麺は歯ごたえがあって、油が少なくてさっぱりしているし、添加物も少ないから健康的な感じがする」など歓迎する声が相次いでいるが、その一方で、「韓国ドラマの影響だろ」「中国の人口は世界で最も多いのだから、輸出が最多になるのは当たり前だ」「韓国ドラマや文化の侵入だ」といった冷めたコメントも並んだ。(翻訳・編集/島野)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング