Record China

ヘッドライン:

トニー・レオンの妻にふさわしく!美人モデルは日々努力中―中国

配信日時:2007年5月10日(木) 4時31分
拡大
1/3枚
ジョン・ウー(呉宇森)監督の大作映画『赤壁』で、周瑜役のトニー・レオン(梁朝偉)の妻を演じるリン・チーリン(林志玲)。モデル出身で演技経験がない彼女に対する世間の風当たりは強く、「大作が台無し」「ヒロインがただのお飾りになった」などと厳しい意見が相次いでいた。

その他の写真

結果を出す事で世間の人々に認めてもらうしかないと決心したリン・チーリン。現在は演技訓練や甲高い地声の矯正、昔の女性の立ちふるまいや姿勢の研究に励む毎日を送っている。***

ある授業を振り返りながら、リン・チーリンはこう語った。「感情の表現に関する授業で、今までの人生で一番辛かった事を打ち明けるよう先生に要求されたの。でも私はどうして良いのかわからなかった。なぜなら、自分の感情を抑えることに慣れていたから」しかし、先生とコミュニケーションをとり続けるうちに自分でも驚く変化が出てきたと言う。全身が震え、一気に感情が言葉となって溢れ出したのだ。

あまり考えないようにする事で、辛い時や悲しい時を乗り切って来たと話したリン・チーリン。しかし、実はものすごくたくさんの感情が自分にはあったのだと今回の授業で気付き、女優として人として、大変貴重な経験を得られたと話した。(翻訳・編集 多智文美)


●リン・チーリン(林志玲)
1974年生まれ。カナダのトロント大学で西洋美術史と経済学の学士を取得した後、台湾で知性派トップモデルとして活躍。2005年、撮影中に遭った落馬事故をきっかっけに中国本土での知名度も一気にあがった。

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング