李総理、新型肺炎の検査・治療・予防薬開発のさらなる進展に期待

CRI online    2020年2月29日(土) 0時50分

拡大

党中央の新型肺炎対策指導グループ長を務める李克強中国共産党中央政治局常務委員兼国務院総理は28日、国家新型肺炎薬品・医療機器応急プラットフォームを視察し、「検査試薬、治療薬、ワクチンなどの研究開発が効果的に進み、早期により大きな進展を得られるよう、医療技術面の難関を打開するさら...

 党中央の新型肺炎対策指導グループ長を務める李克強中国共産党中央政治局常務委員兼国務院総理は28日、国家新型肺炎薬品・医療機器応急プラットフォームを視察し、「検査試薬、治療薬、ワクチンなどの研究開発が効果的に進み、早期により大きな進展を得られるよう、医療技術面の難関を打開するさらなる力の発揮を期待する」と述べました。

 李総理はさらに、「一刻を争いながら、これまで以上に早く、正確に、かつ簡単にウイルスを検出できる試薬を開発し、設備の調達と人員の訓練をしっかり行って検査能力を強化していく必要がある。また、安全で効果的な数種類の治療薬を厳選し、重症患者を救い、死亡率を低減させ、軽症患者の重症化阻止の効率化を進めていかなければならない」と強調しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携