Record China

ヘッドライン:

「大変な時期に力になりたい」中国朝鮮族の学生らの募金寄付に韓国ネット感動

配信日時:2020年3月15日(日) 18時0分
拡大
12日、韓国・聯合ニュースは、「在韓朝鮮族留学生ネットワーク」のメンバーが新型コロナウイルスの感染者の治療に当たる医療スタッフを支援しようと、募金と物資を大邱市の医療院に贈ったと伝えた。写真は大邱市。

2020年3月12日、韓国・聯合ニュースは、中国朝鮮族の留学生らで組織する「在韓朝鮮族留学生ネットワーク」のメンバーが、新型コロナウイルスの感染者の治療に当たる医療スタッフを支援しようと募金を集め、物資とともに韓国南東部・大邱(テグ)市の医療院に贈ったと伝えた。

記事によると、これまでに5000人を超える感染者が出ている同市で、医療スタッフが劣悪な条件下で悪戦苦闘しているというニュースに触れたメンバーたちから「私たちが助けになれることはないだろうか」という声が上がったという。4日に開始した募金活動には、韓国に滞在中の朝鮮族の留学生と、卒業後に中国に帰国したメンバーなど約50人が参加。2日もたたずに400万ウォン(約34万4000円)余りを集めたという。

募金は洗濯洗剤160個や、ビタミン飲料1000本などと一緒に箱に詰めて医療院に送付。箱には「大邱頑張れ、韓国頑張れ」などと書いた紙を貼りつけた。

同ネットワークの会長(28)は「私たち中国同胞留学生は、韓国社会の一員として、大変な時期に力になりたいという気持ちを伝えたかった。中国がコロナ戦争と戦っている時に、韓国が送ってくれた支援に恩返しがしたいという気持ちもあった」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「素晴らしい若者たちだ。ありがとう」「心温まるニュースだ」「やはり同じ血が流れている。血は水よりも濃い」「感動した」「同胞愛を感じる」「差し伸べられた温かな支援は、一線で働く医療スタッフの力になるだろう」などと支援を喜び、感謝する声が多く上がっている。

また、「私も日本に住む同胞。海外の同胞が力を合わせて誇れる国にしよう」「これを機会に韓国と中国との関係が良くなりますように」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング