夢のマイホーム予定地から恐竜の化石=新種の可能性―四川省自貢市

Record China    2013年10月30日(水) 15時48分

拡大

29日、四川省自貢市栄県で、農家の敷地から恐竜の化石が発掘された。地元の博物館の鑑定によると、新種の恐竜の化石の可能性があるという。

2013年10月29日、華西都市報によると、四川省自貢市栄県で、農家の敷地から恐竜の化石が発掘された。地元の博物館の鑑定によると、新種の恐竜の化石の可能性があるという。

四川省自貢市栄県の程家橋村で農業を営む蔡杭利(ツァイ・ハンリー)さんが、自宅を立てるための基礎を掘っていた敷地内で、ブタの骨に似た「奇妙な石」を発見した。自貢恐竜博物館の専門家を呼んで鑑定してもらったところ、典型的な竜脚下目の恐竜の化石だった。

自貢市は恐竜の化石が大量に発掘されていることで知られており、蔡さんは「このあたりはあちこちで恐竜の化石が埋まっているから、奇妙な形の石を見たときに、恐竜の化石ではないかと思った」と話している。

自貢恐竜博物館の万一(ワン・イー)館長は「典型的な竜脚下目の恐竜。すぐに発掘にとりかかる必要がある」と語った。今回発見されたのはジュラ紀の恐竜の四肢、椎体、肋骨などの化石で、肉食恐竜の歯の化石も発見されている。

万館長は「これまで知られている竜脚下目恐竜とは四肢と肋骨、椎体の大小の比が異なっていることから、新種の可能性がある。この発見で、この地域の地層の時代、地質構造の変化について新たな発見がもたらされるはず」として、今回発見された化石も自貢恐竜博物館の収蔵品の一つになるだろうと語った。(翻訳・編集/岡本悠馬)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携