Record China

ヘッドライン:

韓国政府の新型コロナ対応に不満高まる、韓国メディアが4つの理由を指摘

配信日時:2020年2月29日(土) 8時10分
拡大
27日、韓国・マネートゥデイは、「『中国の大統領か』政府のコロナ対応に不満が高まる4つの理由」の見出しで記事を掲載した。写真はソウル。

2020年2月27日、韓国・マネートゥデイは、「『中国の大統領か』政府のコロナ対応に不満が高まる4つの理由」の見出しで記事を掲載した。同国内で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、韓国政府の対応に不満が高まっているが、記事はその理由を4つの観点から指摘している。

記事によると、ウイルスの拡散を防ぐために中国人の入国を禁止しなければならないとする、韓国大統領府への国民請願は76万人の同意を集めたという。記事は「それだけ中国人の入国禁止に対する要求は強い」と指摘している。しかし、政府は「全面禁止措置は望ましくない」と従来の立場を維持。4日午前0時からは、中国・湖北省からの入国者のみ禁止対象としている。

続いて記事は、朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官が「(新型コロナウイルス拡散の)一番大きな原因は、中国から帰国した韓国人だ」と発言したことについても、「『この政府は、中国の政府か』と世論の批判が高まっている」と伝えている。

また、「韓国政府が中国を気遣うのにあくせくし過ぎではないかとの批判が出ている」とも指摘。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日に行った中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との電話会談で「中国の困難はわれわれの困難。韓国政府は新型コロナウイルスの対応において、最も近い隣人である中国の努力に少しでも力になりたい」と語った。これに野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は「政府は習主席の訪韓を国民の安全と生命よりも優先しないでほしい」と警告したという。

さらに「国民よりも中国の留学生に過度に気を遣うことに不満の声も出ている」と指摘している。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長らは、市長との懇談会に出席する中国人留学生のために空港からエスコートし、宿泊施設の紹介のほか食事まで用意したという。一方で、感染者が多く出ている、大邱市に派遣された医療チームのメンバーには、宿泊施設さえ提供されなかったという。

これに韓国のネットユーザーからは、「無策な対応が国民の怒りを買っている」「大統領府の責任を厳しく問わなければならない」「文大統領は経済と中国外交を理由に大統領としての義務を怠った」「習主席は韓国を助けてくれるのだろうか」「中国人の入国を禁止できないのは、それによって中国との関係が悪くなると考えているから?」などと、政府の対応に対する批判の声が多く上がっている。

また、「国民はすぐに『大統領を弾劾せよ』と言うけれど、国民の危機にそれだけを言ってはいられない」「非常事態に、政治で国民を分裂させないで共に危機を乗り越えよう」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング