Record China

ヘッドライン:

離婚件数が40%の急増=税金逃れの偽装離婚が要因に―北京市

配信日時:2013年10月30日(水) 17時52分
拡大
29日、香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、北京市の離婚急増を報じた。前年比40%増、9月の時点で2012年全年を超えるペースで推移している。税金逃れの偽装離婚が要因だという。資料写真。
(1/2枚)

2013年10月29日、香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、北京市の離婚急増を報じた。税金逃れの偽装離婚が要因だという。参考消息網が伝えた。

その他の写真

北京市の離婚件数は2004年に2万組を突破。その後も右肩上がりで増えてきた。しかし今年の増加ペースは異例の高水準となっている。北京市民政局の統計によると、2013年1〜9月の離婚件数は3万9085件。前年同期比で40%の増加で、2012年全年の3万8197組を上回る高水準となった。

その要因とみられるのが今春の不動産価格対策だ。2013年3月に導入された北京市の条例で住宅売却による所得に20%の税金が課されることとなった。ただし5年以上居住していた物件で、かつその世帯が2件以上不動産を保有していない場合には免除される。

この規定が偽装離婚を生み出す背景となった。2件以上不動産を保有している場合でも離婚して別の世帯に分けることにより課税を逃れることができる。北京市と同様の規定を導入した天津市、上海市、蘇州市でも同様の偽装離婚が増えているという。

南開大学法学院の陳耀東(チェン・ヤオドン)教授は、政策制定者は現実と向き合い、新政策がどのような社会問題、家庭問題を引き起こすか、本当に不動産価格抑制に効果があるのかをよく考えるべきだと苦言を呈している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

韓国が外国人女性との国際結婚の厳格化を検討、男性は一定収入、女性は語学力が必要に―中国メディア

2日、韓国政府はこのほど、国際結婚に関する法律の見直しを検討。多くの結婚要件を具備していなければ、妻となる外国人に配偶者ビザを発給しない方針だという。写真は中国・杭州の西湖で行われた合同結婚式。多くの国際結婚カップルが参加した。

Record China
2013年5月3日 23時14分
続きを読む

ランキング