Record China

ヘッドライン:

「新型コロナ拡散の原因は礼拝の自粛」韓国の牧師の発言が波紋

配信日時:2020年3月19日(木) 8時40分
拡大
18日、韓国・聯合ニュースは、同国南西部・全北地域のある教会の牧師が、新型コロナウイルスの拡散要因に礼拝の自粛を挙げたことが、波紋を広げていると報じた。写真は韓国。

2020年3月18日、韓国・聯合ニュースは、同国南西部・全北(チョンブク)地域のある教会の牧師が、新型コロナウイルスの拡散要因に礼拝の自粛を挙げたことが、波紋を広げていると報じた。

記事によると、この教会の牧師は、15日に開かれた主日礼拝で「ダビデの犯罪と伝染病」の題目で説教を行い、「国民のために祈るダビデ王のような大統領がおらず、新型コロナの危機を迎えることになった」と指摘。続いて「新型コロナウイルスが拡散した原因を、神の恵みを忘れてしまった国民に見て取ることができる」とし、「神のおかげで韓国は豊かになったが、その恵みを忘れておごりたかぶったため、神は新型コロナという伝染病を災いとしてもたらした」と述べた。

その上で、「礼拝の大切さ、重要性、必然性は今日改めて言うまでもない」とし、「礼拝をしなければ祝福は呪いに変わり、われわれは滅びることになる」と礼拝の意義を強調したという。

この教会は礼拝当日、牧師の発言を含む40分の映像を、1000人ほどの閲覧者がいるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿したという。

牧師は「発言は大衆ではなく信徒を対象にしたもの。一般市民もこの映像を見るとは思わなかった」と釈明しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「神は誰も憎んではいない」「こんな状況で、神は礼拝しないことを非難するだろうか?」「神の言葉をわい曲している」「牧師も社会的責任がある。こうした発言は慎むべき」などと批判の声が上がっている。

また、「牧師は新型コロナに感染しないの?」「この牧師の言葉を信じて従う人がいることが不思議だ」という声も。

さらに、同国内では、宗教団体から新型コロナウイルスの集団感染が発生したことから「それなら礼拝を熱心に行った人が新型コロナに感染したのはなぜ?」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング