Record China

ヘッドライン:

天皇陛下の誕生日に470人、中国ネット懸念「怖くないのか」

配信日時:2020年2月25日(火) 10時30分
拡大
24日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、天皇陛下の誕生日に晩さん会が催され、安倍晋三首相をはじめ各界から約470人が出席したと報じた。写真は皇居。

2020年2月24日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、天皇陛下の誕生日に晩さん会が催され、安倍晋三首相をはじめ各界から約470人が出席したと報じた。

記事は、23日に60歳の誕生日を迎えた天皇陛下の祝賀晩餐会が同日催され、安倍首相ら470人余りが出席する中で陛下が新型コロナウイルス感染拡大への憂慮とともに、東京五輪の予定通りの開催に期待を示したと伝えている。

天皇誕生日の一般参賀が中止された一方で、400人以上の招待者を集めて晩さん会が催されたことについて、中国のネットユーザーは「武漢を見習おうとする意志の固さよ」「あなたたちはあなたたちの天皇を危険にさらそうとしているのだぞ」「ここで感染者が確認されたら大変なことになる」「政界、最高裁、皇族、各界代表が470人……重要人物ばかりじゃないか」といったコメントが見られた。

また、東京五輪については「このままでは中止になりそうな感じ」「日本よ、早く目を覚ましてくれ。私は五輪を見たいんだ」など、開催するためにも果断なウイルス対策が必要だとの認識を示すユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング