Record China

ヘッドライン:

日本で新型コロナ治療従事者が「いじめ」に遭っている、中国ネットの反応は

配信日時:2020年2月25日(火) 15時10分
拡大
22日、日本で新型コロナウイルス感染の予防治療従事に参加した日本の医療従事者が、職場内外から不当な扱いを受けているとの情報が微博上で紹介された。写真はマスク売り切れ。

2020年2月22日、新型コロナウイルスの感染例が増加している日本において、感染者の予防治療従事への参加を表明した日本の医療従事者が、職場内外から不当な扱いを受けているとの情報が微博(ウェイボー)上で紹介された。

日本の情報を紹介するある微博アカウントは22日、日本災害医学協会が同日「新型コロナウイルスによる肺炎の防疫、治療への参加を表明した医療スタッフが職場内外で不当な扱いを受けている」との抗議声明を発表したとする日本メディアの報道を伝え、抗議声明には職場から謝罪を求められたり子どもが学校で「バイ菌」扱いされるいじめを受けたりといったケースの発生が挙げられているとした。

その上で、「日本人の何人かに話を聞いたところ、『いじめ』を受ける理由は単に他人と異なる点があるというだけとのこと」という中国人ネットユーザーの書き込みを紹介している。

この件について、中国のネットユーザーは「羽生結弦も高校生の頃にいじめられたという話もある」「嫉妬からくるんだろうな」「中国では医師と患者のトラブルがあり、日本では職場いじめ。本当に国によっていろいろ違うんだな」「いじめについては、本当に理解できない」「他人に迷惑をかけないのが日本の文化なのではないのか」「日本の社会では、他人と異なることがまさに罪扱いされるんだな」といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング