Record China

ヘッドライン:

経済成長優先は文化を破壊する、中国は日本を学ばないほうがいい=加藤紘一氏の提言―中国紙

配信日時:2013年10月28日(月) 8時0分
拡大
1/2枚
2013年10月26日、中国日報は記事「日本専門家が提言:中国は日本を学ぶな、一人当たりGDP世界2位を求めてはならない」を掲載した。

その他の写真

26日、北京市で東京―北京フォーラムが始まった。日中友好協会の加藤紘一会長が講演し、中国は日本を学ぶべきではない、一人当たりGDP世界2位を目指す道を歩むべきではないと提言した。

当時、日本は欧米の一員になろうとしており、米国にGDPで追いつこうとするばかりか、一人当たりGDPでも追いつこうとしてしていた。その結果、日本は確かに豊かになったが、日本の文化や伝統は傷を負ってしまった。中国はすでに世界第二の経済体となったが、一人当たりGDP世界2位を目指すべきではない、目指せば人民を傷つけることになってしまう。

しかし中国はそうした道を歩むことはないだろう。日中両国はどのような道が本当の意味で国民の幸福となるのか、この点について経験と意見を交流すべき時期に達した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

互いの国のアニメを通じ価値観をともにしよう、日本側が呼びかけ―東京北京フォーラム

26日、日中の有識者が合同で行う「第9回東京―北京フォーラム」において、日中友好協会会長の加藤紘一元自民党幹事長は開幕式で基調演説を行い、「互いの国のアニメを見て、同じ価値観をはぐくもう」と呼びかけた。写真は宮崎監督の映画広告を見ている人。

Record China
2013年10月27日 21時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング